阪急今津線「甲東園駅」徒歩2分! 4歳児~10歳までに勉強の習慣をつける学習塾

子どもの心親知らず

5月15日(火)

「親の心子知らず」

よく聞く言葉ですが、子どもにも子どもの言い分があるようで・・。

小学生の高学年や中学生と話していると、
「早く、大人になりたい!」
と、打ち明けてくれます。

「理由は?」
と聞くと、

① 大人は自分で自由に決められることが多いから。

② 自分が間違えても「ごめんなさい。」とは言わず、逆に「だって、それはね‥あなたが○○ だからでしょ?」と、何故かこっちが悪い展開にすりかえることが出来るから。

③ 自分の言いたいことはほぼ全部言うけど、こっちの話はよく聞いてくれないから、自分も大人がいい!

など。

子ども目線での親の観察。

どう、感じられますか?

結構、観察力、鋭いですよね(^^♪

親は、自分のものさしで、物事を測る場面が多いように感じませんか?

子どもの態度は、大人を通して変化しているのかも知れません。

今一度、
「もし、私が子どもの立場だったら‥」
と、視点を変えてみたら、意外な部分が見えてくるのではないでしょうか。

「子どもの心親知らず」

早く大人になりたい理由。

違った理由も聞きたいものですね。